注目の記事 PICK UP!

【パーソナルトレーナー】ダイエット中は体重計に毎日乗るな!!

スポンサーリンク

東京都大森でダイエット&ボディメイクスタジオ「本命Body make」を運営している、パーソナルトレーナーの清水マリさん。大手ビールメーカーの研究開発職から、約10キロ減量してパーソナルトレーナーに転身した異色の経歴の持ち主。
パーソナルトレーナーとはどんな仕事なのだろう。「トレーニングをするときに横についていて、アドバイスをくれるんでしょ。」なんて思っていたら、トレーニングサポートはもちろん、日々の食事指導、時には一緒にスーパーに行ったり、恋愛相談を受けたりと、想像以上に一人一人に寄り添った”パーソナル”な仕事だった。

  • パーソナルトレーナーの仕事内容について教えてください。

女性専用のパーソナルトレーニングです。スタジオでのダイエットやボディメイク、体型維持を目的としたトレーニングと食事の指導をしています。遠方の方でも利用できるオンライン講座もスタートしました。ちなみにダイエットというのは、減量。ボディメイクというのは、体重にはそこまでこだわらず、「くびれを作りたい」「太ももを細くしたい」といったように、身体をかたちづくることです。本命Body makeスタジオでは「細胞からキレイになる」をコンセプトに指導しています。
食事の指導はその日食べたものを送ってもらうのですが、自炊をする方にはオススメのレシピや食材のアドバイスもします。会社員の方でお昼に自炊することが難しい方には、その方の会社の近くにあるコンビニや飲食店での食事アドバイスもします。だから受講生にオススメできる商品のチェックをするためにコンビニを回ることもあります。トレーニングだけでなく、仕事や恋愛の相談を受けることもありますよ。

  • コンビニ回りまでするんですか!?とことん「パーソナル」なんですね。

そうですね。受講生の性格に合わせて、とにかく褒めるようにしたり、諭すように目標を思い出してもらったりと、その方のモチベーションが維持でき、効果が出やすいように指導の仕方も変えています。基本的に受講生には「体重計には毎日乗らない!」と伝えています。なぜなら、少しの増減で一喜一憂したり、体重という数字にばかり気を取られてしまうからです。脂肪は1日ではなくなりませんからね。逆に気を抜きがちな方や、数字を気にしすぎない方には定期的に体重計に乗ることを勧めています。

  • そもそもパーソナルトレーナーの仕事を始めたきっかけは?

以前、ビールメーカーで研究開発の仕事をしていたんですが、仕事柄ビールを飲む機会が多く、10キロ近く太ってしまったんです。体重が増えたことにより、自分に対して自信が全くなくなってしまいました。「どうせ私なんか・・」「昔はこんなんじゃなかった」というマイナス思考と発言が多くなり、それまで着られていた洋服が入らなくなり、自分自身に苛立ちを感じたりもしていました。友人からの誘いにも、「こんな私が断ったら、もう誘ってもらえないかも・・・。」なんて思って、無理して参加してたんです(笑)このままじゃダメだと思い、ダイエットを始めましたが、ホットヨガ、ジム、加圧、ランニングなどやっても、自分一人ではなかなか結果がついてこず、一念発起でパーソナルトレーナーをつけることにしたんです。
トレーニングと食事指導を受けていくと、理想のスタイルを手に入れることができただけでなく、メンタルも強くなる、お肌もハリが出て若返る、明るくなる、など女性として素晴らしい変化を体感しました。自分に自信がついたことにより、着たい服を着るようになり、デートのお誘いも増え、好きなスーツを着て堂々とプレゼンができるようになりました。笑顔も増え、’自分’ができることで「断る」こともできるようになり、仕事も私生活もうまくいくようになりました。
見た目が変われば意識が変わる。意識が変われば未来が変わるんです。
この経験から、「一生懸命働く女性に、仕事も、恋も、すべて手に入れて欲しい!」と思い、パーソナルトレーナーの仕事に惹かれました。

スポンサーリンク

  • 前職は大手メーカー勤務ですよね。仕事を辞めることに恐怖や不安はなかったですか?

もちろん会社員は安定していますし、仕事を辞めるのには不安がありました。まずは独立のためのお金を貯めながら、本当にやりたい仕事なのかを見極めるため、会社員をしながらパーソナルトレーナーとしても働き始め、トレーナーとしてのスキルと経験を積みました。これは私にとって、とても貴重な時間となりました。この仕事の「楽しさ」と「やりがい」に加え、「大変さ」の部分も経験することができました。2年半ダブルワークを続け、貯金が目標金額まで達したとき、「安定をとるか、やりがいをとるか?」と自分に問いかけ、「こんなに女性が幸せになる瞬間に立ち会える仕事!!やっぱりやりたい!!今やらないと絶対後悔する」と思い、やりがいをとることに決めました。

 
  • パーソナルトレーナーの仕事をする上で、やりがいを感じるのはどんな時ですか?

やっぱり受講生の変化を感じる時です。見た目の変化はもちろんですが、気持ちの変化がでてきて、自分自身の身体を好きになったり、コンプレックスを克服したり、笑顔が増えたときはとっても嬉しいですね。疲れている時でも、「着たい服を着れるって本当に楽しいです!」「マリさんのところに通って良かったです!」「自分に自信がついたら彼氏ができました」「諦めていたことにトライしたくなりました!」「周りから笑顔が増えたっていわれます!」なんてメッセージがくると、疲れも吹っ飛びます。
【受講生の変化】

  • 逆に苦労したことはありますか?

受講生が一生付き合っていく自分の身体なので、卒業後も自立してトレーニングを継続できるようにプログラムは組んでいますが、それと’パーソナル’なサポートというのは裏腹な部分もあります。サポートの手厚さと受講生との距離感のバランスを気を付けています。また、人により目指しているゴールは違います。「選んでくれたからには成果を出してあげたい」と思い、全力でサポートというアクセルを踏みすぎて、「そこまでじゃない・・・」と、受講生のゴールを通り越してしまうこともありました(笑)目一杯サポートしたいと思っていますが、変わる変わらないは受講生自身が決めること。人は変われるけど、人を変えようとするのはトレーナーとしておごっているな。と、この一年で体感しました。これからも、女性が変わりたくなる、モチベーションを維持できるサポートシステムをもっと強化していきます。

  • ある1日のスケジュールは?

5:30 起床
7:00 出社前の受講生トレーニング(午前中に1〜3本のトレーニング対応)
12:30 ランチ(時間があるときは自炊)
13:30 事務作業
18:30 仕事上がりの受講生トレーニング
20:00 スタジオクローズ(遅い日は23:00クローズ)近くのスタンディングバルでワインを楽しむ
22:00 就寝

  • お酒も飲まれるんですね。ダイエットにお酒は禁物!だと思っていました。

もちろんコンテスト前など、身体を絞る時はお酒や外食を控えたりもします。だけどもう身体の基盤ができているし、お酒や外食とのうまい付き合い方を体得しているので、普段は我慢せずに楽しみます。美味しいものを諦める人生はおくりたくない。身体作りは辛いものではなく、人生を楽しむためのものだから。

  • パーソナルトレーナーの仕事に就くのに必要な資質や資格などはありますか?

身体や食に対する興味や知識
コミュニケーション能力
やりたい方向性にあった資格の選定

  • パーソナルトレーナーの仕事はどんな人にオススメですか?

人の世話をするのが好きな人
メンタルが強い人
根気のある人
女性の美に関わりたい人
食と運動に興味のある人

 

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 【フラワーデザイナー】

  2. 【ヨガインストラクター】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事

PAGE TOP